お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 日本の国旗
  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗

がん治療の選択肢「天仙液」の情報をお伝えするポータルサイト

  1. トップ
  2. >世界各国での活動報告(世界支部)

がんと闘う人たちを支える国際癌病康復協会は
世界各国の支部でがん撲滅を目指して活動しています。

がん撲滅を目指す国際癌病康復協会の活動報告

国際癌病康復協会(IRCA/本部・香港)は、全世界のがんと闘う人たちを支援する組織として天仙液開発者の王振国医師(振国腫瘍病院院長)が代表となり、1991年に設立されました。

世界各国20ヵ国以上の支部では、講演会やセミナーなど、様々な活動を通じて、がん患者の方、ご親族の方などにがんの正しい知識の普及活動を行い、がん撲滅を目指しています。

世界各国での活動報告01

タイの活動01
【天仙液の活動01:タイ】
ヘルスケア2019、あらゆる次元の病気と闘うことを学ぶ。
タイの活動02
【天仙液の活動02:タイ】
再発と拡大を防ぐために孫苓献先生と健康について話し合いました。
タイの活動03
【天仙液の活動03:タイ】
テーマは、「がんと戦う! どのように予防し、治療を行うか?」
マレーシア活動01
【体験談:マレーシア01】
気持ちを楽に、リラックすることが重要です。もし信仰あれば、その信仰のやり方で祈ることが大変に役に立ちます。自分の殻に閉じこもる必要はありません。私は、がん患者が常に自分らしくいられるよう応援しています。
マレーシア活動02
【体験談:マレーシア02】
がんの病魔に悩まされても、常に笑顔を忘れずに頑張って努力し続けなければなりません。共に助け合い、いたわり合いながら希望を持って、一緒に奇跡を起こしましょう!
マレーシア活動03
【体験談:マレーシア03】
本来がんは恐れるものではありません。むしろ恐れるべきは自分が自分自身と向き合わない、つまり諦めてしまうことです。これこそ一番恐ろしいことだ、と今痛感しています。
フィリッピン活動01
【骨がんサバイバー】
私の必要な時に多くの人が助けてくれました。人生に感謝!
フィリピン活動02
【乳がんサバイバー】
手遅れになる前に、この原則を覚えておいてください。「早めの対応こそ重要」であると。
フィリピン活動03
【大腸がんサバイバー】
がんから12年。私はまだ元気で、健康です!

世界各国での活動報告02

日本の活動01
国際癌病康復協会マレーシア支部の設立総会と記念講演が首都クアラルンプールで開催
日本の活動02
香港大学中医薬学院主催の『第6回 中西医結合医療によるがん治療と予防』国際会議で世界各国の医師、研究者が講演
日本の活動03
『複合漢方薬THL(天仙液)に関するアジア国際研究検討会』が台北で開催
日本の活動04
『第15回国際個別化医療学会学術集会』でTHL(天仙液)の臨床試験結果を発表
日本の活動05
『漢方がん治療の現状と展望』をテーマに中国、台湾、日本の医師による講演会と新刊書籍発表会
日本の活動06
「天仙友の会」で三好立医師、孫苓献医師が講演、がん患者、家族の人たちと交流