対談_第2話
帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)
王振国(振国中西医結合腫瘍病院院長)

帯津良一(おびつ・りょういち)

1936年、埼玉県生まれ。東京大学医学部卒、医学博士。東京大学第三外科、都立駒込病院外科医長を経て、1982年に帯津三敬病院(埼玉・川越市)、続いて2005年には帯津三敬塾クリニック(東京・池袋)を設立。中西医結合医療を実践し、ホリスティックなアプローチによるガン治療の草分けであり、世界的権威として知られる。西洋医学はもちろん、さまざまな治療法を実践。ホメオパシー、気功、漢方薬、鍼灸、食事療法、心理療法、健康食品などの代替医療を積極的に取り入れている。帯津三敬病院名誉院長、日本ホリスティック医学協会会長、世界医学気功学会副主席、上海中医薬大学客員教授などとして世界的に活躍中。

王振国(おう・しんこく)

1954年、中国吉林省通化市生まれ。1975年、吉林省通化市衛生学校卒業。1983年、複合漢方薬の「天仙丸」を研究開発、1988年、中国政府より「ガン治療薬剤」(抗ガン漢方薬)として認定を受ける。その後、より作用の高い抗ガン漢方薬の「天仙液」を共同開発して世界的に有名となる。さらに、中西医結合医療の「天仙療法」を研究、その一つとして「天仙液療法」で世界の注目を集めている。世界個人研究最高発明賞、ベルギー王国栄誉勲章の受章など世界各国で高い評価を受け、研究論文も多数を発表。中国国家衛生部医学研究員、長白山薬物研究所所長、振国腫瘍病院院長、中国抗癌基金協会協調部副主任、国際癌病康復協会会長などとして世界中に活動中。

日中の専門医が「あきらないガン治療」を語ります

「漢方ガン治療」をテーマとして語るに最もふさわしい日中を代表する先駆的な医師、帯津良一先生と王振国先生の対談の模様をまとめました。

帯津先生は、これからのガン治療は「からだ、こころ、いのちの人間をまるごと診る診療(ホリスティック医療)であるべき」とされた上で、「患者と家族と医療関係者がいのちの場に集まって、エネルギーを高めることが大切である」とその重要性を説いています。

王振国先生は「1+1=2ではなく、3にも4にもなる付加価値の高い医療を目指す」と対談で述べています。

お二人の理想とする「あきらなめなガン治療」とは?大変貴重な対談録です。ぜひご覧ください!

抗ガン漢方薬を日本で初めて公開した結果

※対談は、王振国先生のガン治療の総合病院(中国・広東省珠海市の振国腫瘍病院)に、日本から帯津先生が訪問して実現しました。

帯津:
まあ、お互いになんとかして西洋医学の限界を乗り越えるガン治療を探し求めて必死だったわけです。

ところで、抗ガン漢方薬を日本で初めて公開した結果、いまだに王先生の研究開発した漢方薬は日本では認可されていないようですが、 めげずに当時から日本のあちこちの病院などに出かけては熱心に説明されていたようですね。

王:
それまでの中国国内での臨床試験と症例結果が予想以上に良い結果でしたので、私としては自信がありました。

中国の人たちだけではなく、世界中の人に広く知ってもらいたい、チャンスがあれば世界各国に普及したいと考え、

帯津先生の病院に伺う前に、日本の国立がんセンターを訪問しました。

そのときに、私の研究開発したガン治療薬の研究内容に関連したシンポジウムや検討会を開き、その研究成果が皆さんから注目していただけました。

ただ当時は、抗ガン漢方薬は
●研究開発において国家プロジェクトに入っていたこと
●中国での知的財産権の法律的な間題が不備だったこと
●漢方薬という特性上成分をすべて公表するとすぐに利益目的の模造品が作られてしまう
という問題もあり、そのときは成分を完全に公開することができなかったのです。

こうした事情で日本の方々からは疑問視する声もありましたが、一定の理解を示していただいた帯津先生には心から感謝をしております。

帯津:
その時の話は知りませんでしたが、私のところに来たときにも一緒に国立がんセンターに行きましたね。

中国語が非常によくできる乳腺内科の先生とキノコの研究をしている医師が熱心に聴いてくれましたが、やはり全部の成分を公表しなければならないというわけです。

でも、王先生のほうはどうしても成分をすべて公表するわけにはいかないとのことでした。

それぞれの国によって薬事法の基準が違います。また、現実的にはガン新薬の認可を受けるには膨大な時間と検証の費用を要します。

王:
私もそう思います。目の前で苦しんでいるガンの患者さん、病院で見放された患者さんのために、あきらめないガン治療設計を工夫して考えるのが、私たち医者としての当然の役割でもあるはず。

しかし、こと新薬、新しい治療法の許認可となりますと、患者さんの期待とはなかなか折り合わない事情も現実にはたくさんあるようです。

特に西洋医学的見地から診る医師の多くは、エビデンス(立証性)のないものをなかなか認めようとしない傾向があるのではないでしょうか。

ですから、エビデンスのない新薬や新しい治療法にトライできる機会を失っているように思うのです。

帯津:
そうですね。私たちのいのち、私たちが生きているということは、科学的な立証性、つまりエビデンスだけでは語れないものがたくさんあるわけです。

謝(※注)
私もそのエビデンスに基づいた医学について一言あります。エビデンスといって局所だけを診る治療に固執していると、全体を見落とす欠点があるのではないかと思います。 医療現場にいる者として、つくづくそう感じているのです。

※注:謝滋華(しゃえいか)先生は、台湾家庭医協会会長、マカオ科学技術大学教授で、台湾における「中西医結合医療」のリーダー的な立場にありこの対談に同席していただいた。

薬は動物実験だけではなく、人間に効くことが大切

王:
この33年間のガンと漢方の研究で、切実に感じることがあります。それは新薬を開発するときに、新薬は動物実験のためにあるものではなく、人間のために使うことを第一とした研究であるべきだということです。

少し極論に聞こえるかもしれませんが、ある新薬が臨床実験のマウスなどに効いたからといって人間に効かなければ意味がありません。

良い新薬というのは、動物にも人間にも確実な有効性を示さなければならないのは当然のことです。

私が抗ガン漢方薬を研究開発した当初は10数種類の生薬を処方したものでした。中国の国内で確かにガンを抑制する、臨床試験などでガンの腫瘍を縮小させるなど、明らかな抗ガン作用のある生薬を厳選することから研究を進めました。

当然、その研究過程はWHO(世界保健機構)の基準に基づいて行っています。また同時に、生薬の有効成分を科学的な技術で抽出する製法の研究にも成功しました。

こうしたガンと漢方の研究成果によって、国際的に各方面から評価を受けることができたのだと思っています。

1988年にはアメリカ国立ガン研究所のロバート・シューメーカー博士、ノースカロライナRTI研究所の李豫偲(りよでん)博士などの専門家によって、私の開発した抗ガン漢方薬の臨床試験がなされ、「10種類のガン腫瘍、48種類のガン細胞に対する有効率は80.4%」との結果報告でした。

※台湾の最高学府「台湾大学」。日本の東京大学に相当する。

また2004年には、台湾で最も権威のある台湾大学の免疫学者として著名な孫安迪(そんあんでい)博士によって抗ガン漢方薬に関する臨床試験が行われ、
●K.562(血液ガン、白血病)
●MT.2(T細胞株)
●U937(リンパガン)
●CT26/RT1(大腸ガン)他
16種のガン細胞のアポトーシス(自滅死させること)が証明されました。

この研究論文はガンに効く漢方薬の研究として、大変に画期的な快挙ということで、アメリカの医学雑誌「The Journal of Alternative and Complementary Medicine (『ACM』)」に掲載されたほどです。

ともあれ、西洋医学的なガン研究というのは、ガン腫瘍をどのようにして取り除くのかという研究において、多くの期間と費用を注ぎ込んで、研究のための研究、試験のための試験のようなことばかりを競っているところも見受けられます。

そのような研究は、本当に人間の幸せのために生かされているのか疑問になることもあります。加えていまの病院の治療においては、QOL(いのちの質)に対する考え方が欠けているところもあり、なんとかしなければならないという思いです。

帯津:
だからこそ、医療制度、医療改革が叫ばれているのです。

けれども、大半が旧習、因習、制度といった教条的なマニュアルにこだわった治療に執着していて、これではガンのようなミステリアスな病気を克服することは難しいわけです。

そこで、私たちが論じているガン治療のアプローチの1つとして「中西医結合医療」を考え、人間のいのちを全体的に診ていく医療の確立、なによりも患者本位の治療、さらに患者さんのQOLを高めるような「いのちの場」、つまり患者さんを第一に考えた「あきらめないガン治療」が大切だと思うのです。

王:
私も同感です。私どもが実践している抗ガン漢方薬によるガン治療は、まさしく「中西医結合医療」そのものです。

数値的なエビデンスはもとより、一番大事にしているのは、まさに帯津先生がおっしゃる「いのち」なのです。

私どもの病院の患者さんの中には、ガン腫瘍が完全に消えていなくとも、ガンと共存しながら10年、20年と元気に明るく、仕事をしながら生活している方もたくさんいらっしゃいます。

「いまを元気に生きる」ということは、私どもガン治療に従事する者として価値のある治療成果のなかの―つだと考えています。QOLを軽視して、手術や抗ガン剤、放射線だけの治療でガンが縮小したとしても、その後、短期間で患者さんが亡くなってしまったのでは、何の意味もありません。

また、後遣症や副作用で苦しむのでは、決して望ましいガン治療とはいえないと思うのです。

ですから、私どもの病院では西洋医療に加えて「天仙液療法(漢方療法)」を中心とした治療によって、ガンの増殖を抑え、ガンを消滅させながら、患者さんの体力や体質も改善させて抗ガン剤の副作用も最小限にするというガン治療を実践しています。

患者さんは治療中でも食べたいものを食べられる、痛みも苦痛も伴わない治療となり、回復効果を上げることにも全力を注いでいます。

患者さんから「なんでこんなに辛くない治療ができるのか」と不思議がる声も聞こえてきます。

病院を「いのちの場」に変える

帯津:
病のなかにあってこれまで通り自分らしく生きることを可能にしてくれるもの、それこそが医療です。健康で生きることと、病気で生きることの間には境界線があってはならない。

長寿社会を迎えているいまこそ、私たちは良く生き、良く病み、良く死ぬ—もうそろそろ、人間本来の医療を取り戻さなければいけませんね。

王:
まったく私もその通りだと思います。私どもの病院では、身体にダメージを与えたり、苦痛や疼痛が伴うような、患者さんにとって辛い治療を行わないように努力をしているのです。

さまざまな治療を行った後には、患者さんのQOLを充分に考えて患者さんと病院のスタッフ全員でレクリエーションなどを行うことも大切にしています。

その他、交流の場として談話室やカラオケ専用ルームなどで患者さん同士が、楽しみながらコミュニケーションできるように図られています。

また、患者さんが家族と一緒に食事を楽しみたければ、自炊ができる専用の大きな厨房もあります。介護をする家族たちと一緒に過ごすことができる広い個室も完備しています。

いつでも入浴できる漢方薬浴室や美容院などもあります。いわば、入院生活でありながら患者さんが、普段の生活と同じような気持ちで毎日を過ごせるような環境を整えて、リラックスして治療が受けられるような病院づくりをしています。

また、治療の面においては「天仙療法(漢方療法)」を中心として「心理療法」、「食事療法」などを組み合わせ、患者さん一人一人についての「人間性」と「個性化」を重視しています。

そして、患者さんに最も適した治療法を選択して、生きる勇気と希望を持ってもらえるような医療を実践しているのです。

帯津:
ともすれば、ガン病棟に入院して、苦しみと痛みに耐えることがガン治療と誤解している患者さんが多いと思います。

でも、今回王先生の病院を見学して、この病院は(他とは)違う病院なのだとよくわかりました。玄関ロビーの内側には「患者之家」と大書されているのが印象的ですね。

まさに、私も目指している患者、家族、医療関係者が信頼して治療を行う「いのちの場」としての病院が実現されつつあるのには驚きました。

・・・いかがでしたか?次回の対談はいよいよ佳境へ。お楽しみに!