お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 日本の国旗
  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗

がん治療の選択肢「天仙液」の情報をお伝えするポータルサイト

  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 肺がんを克服した体験者の体験談
  4. S.Nさん 78歳・愛知県

抗がん剤を拒否して出会った天仙液で、安定から好転、完治・治癒を目指す

2年前(2018年)の6月のこと。町の定期健康診断で受けたX線検査で、肺に影があるとのことで、近くの総合病院で精密検査を受けたところ、ステージ3Aの肺がんと診断されました。正直いって、「喜寿の厄払いをして、これからも元気で生きていこう」と思っていた矢先で、ビックリしました。

そして1ヵ月後に、大学病院で肺上葉3.75mm、左肺門リンパ節3.82cmの切除手術を受け ました。主治医からは、「がんはきれいにとれました」と聞いて喜びましたが、左乳房とその下辺りの痺れと痛みがとれないので悩みました。「痛みがとれたら、抗がん剤をしましょう」と言われましたが、手術では左脇の下に穴をあけて、その辺りから背骨に向かい、肋骨のカーブに沿って20cm位切開があり、外面的な傷はきれいに治っていましたが、中からの痛みがなかなかとれませんでした。

主治医は鎮痛剤をいろいろ変えて処方してくれましたが、強すぎたり、食欲不振になったり、フラフラすることも多かったです。その後、執刀医の定期検診で肺に水が溜まっていることが判り、700ccの水を注射針で抜いてもらいました。けれども、その後も痛みはとれず、鎮痛剤を飲み続けていたので胃の調子が崩れ、食事がほとんどとれない状態になってしまいました。

手術から2ヵ月後、衰弱した私を見て、主治医が「抗がん剤治療をしないという選択肢もありますよ」と言われて、見放されたのではないかと不安を感じました。結局、抗がん剤治療の副作用のひどさを聞いていたので、抗がん剤はしないことにして、他の選択肢を探そうと思いました。まずは胃の不調を治したいと、ネットでいろいろ探したり、聞いて回っている時でした。友人から、「知り合いの人から、胃がんの人で天仙液という漢方薬を長年飲んで、元気になっている人がいる」と聞きました。まさに私にピッタリなので、すぐにサンプルと資料を申込みました

送られてきたサンプルを飲み、資料を読んで、中医師の先生の電話相談室ができるというので申込みました。中医師の先生から電話でいろいろ話をお聞きして、天仙液Sを飲むことにしました。手術から3ヵ月後に飲み始めて、アドバイスを受けて1日1本を3ヵ月ほど続けた頃、痛みがとれて、食欲もわき、元気が出てきたので、その後も1日1本をずっと続けています

今では、天仙液を飲み始めて1年8ヵ月になりますが、とても調子がよく、これは天仙液のおかげだと思っています。というのも、近くの総合病院で3ヵ月おきに血液検査、CTまたはX線検査を受けていますが、今のところ、再発はないし、検査データも安定しているとのことです。安定しているということは、完治・治癒を目指せることだと思っています。時どき起きる腰痛と付き合いながら、太極拳も続けています。そして、私の趣味である合唱団の45周年コンサートに無事に参加できたことは、私にとって楽しい思い出となっています。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

s.nさんの画像

▲S.Nさん78歳 愛知県

2018年6月/病院での検査詳細情報

▲2018年6月/病院での検査詳細情報

2018年7月手術前の主治医による説明書

▲2018年7月/手術前の主治医による説明書