お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 日本の国旗
  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗

がん治療の選択肢「天仙液」の情報をお伝えするポータルサイト

  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 悪性リンパ腫を克服した体験者の体験談
  4. K・Jさん(岐阜県・46歳・女性)

悪性リンパ腫が寛解!私にとって天仙液は安心の“お守り”です。

悪性リンパ腫(濾胞性リンパ腫)ステージ4 K・Jさん(岐阜県・46歳・女性)

1年前(2019年)の8月のことです。左下腹部のしこりのようなものに気づきました。体調に変化はありませんでしたが、県立病院で検査を受けたところ、9月3日に結果が出て、リンパ腫と診断されました。正確には濾胞性(ロホウセイ)悪性リンパ腫というものだそうです。悪性リンパ腫の内の20%くらいを占め、近年、増加しているそうです。でも、「まさか自分が・・・」と、とてもショックで、“死んでしまうのではないか”と思い、とにかく不安と恐怖に襲われました。

すぐに9月9日から入院となり、医師の方針では翌年の2月まで半年間、入院と退院を繰り返して、抗がん剤治療は6クール行うということでした。実は、私が悪性リンパ腫と診断されたときに、知り合いの方が「天仙液という漢方薬を飲んで、がんが消えた」という話を聞いて、早速すがる思いで服用しようと決めました。けれども、病院では抗がん剤の効き目が分からなくなるということで、主治医から天仙液は禁止されました。

しかし、初回の入院での抗がん剤治療の副作用はひどく辛いもので、吐き気や高熱が続きました。ようやく、退院後からは天仙液Sを1日2本から3本を飲みました。お蔭で副作用は軽くなって、苦しいはずの抗がん剤治療を半年間、6クール続けられました。同時に天仙丸7号を一緒に飲んだほうがいいとすすめられ、1日6粒~9粒飲んでいました。

そして、抗がん剤治療を6クール、半年間経過したので、病院でCT検査を受けたところ、異状がなく、なんと“腫瘍が消えていた”のです。主治医からは「抗がん剤が効きましたね。寛解です。」といわれ、夢のようでした。

私は抗がん剤も効いたと思いますが、天仙液を併用したことも相乗効果だと思っています。腫瘍は消え、寛解しましたが、相談窓口(一般社団法人漢方ドットコム)のアドバイザーの方から、開発者の王振国先生は、「寛解を維持し、再発のリスクのために、天仙液を1年くらい維持するといいです」と指導されているとアドバイスされました。今でも天仙液Sを1日2本、天仙丸7号を1日6粒飲んでいます。

そして、治療が終了してから半年が経過した9月の検査結果でも、異状や変化がなく、良い状態を維持できているということです。天仙液は、私にとって大切な“お守り”のような、安心できるものになっています。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

2020年9月10日検査結果の画像

▲2020年9月10日 検査結果

2020年8月17日診療担当医師意見書の画像

▲2020年8月17日 診療担当医師意見書