お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 日本の国旗
  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗

がん治療の選択肢「天仙液」の情報をお伝えするポータルサイト

  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 肺がんを克服した体験者の体験談
  4. 木曽原三千年(三重県・69歳)

家族の愛によってがんが消えた

木曽原三千年(三重県・69歳)

「実は、父さんはあと半年の命だって、医者から言われていたんだよ」 最近、元気になった私に、息子がしみじみと語りました。 場所は右肺の一番下の動脈近く、腫瘍の大きさは7×6cm、すでに第Ⅲ期でした。1999年3月に手術をしたものの、取り切れなかったため、4月から抗がん剤、放射線治療を加えました。

天仙液を飲み始めたのは、5月のことで、入院して治療の真っ最中のことでした。ちょうど東京に住んでいる息子が、インターネットでいろいろな情報を集め、自分で吟味し、効果があると思われるものをたくさん紹介してくれたうちの、その一つが天仙液だったのです。

天仙液を飲み始めてから、それまでの副作用がだんだんとなくなり、食事が美味しく感じられるようになりました。体力も回復してきました。そして、6月に退院したときは、腫瘍の大きさは半分になりました。退院後も天仙液の服用を続けたところ、昨年12月、今年3月のCT検査では影が完全に消えていました。

東京にいる息子からは、頻繁に私のもとに「天仙液、ちゃんと飲んでいる?」という電話が入ります。私は「もちろん、ちゃんと飲んでるよ」と元気よく答えています。今では働けるようになり、老人会の集まりや旅行などにも参加していますし、昨年まで役員をしていた会社からは復帰するよう何度も誘われるなど、周囲からは「とても病人には見えない」と言われています。

こうしてがんが消えたのは、天仙液はもちろんのこと、息子をはじめ私の看病をしてくれた妻のおかげ、と改めて家族に感謝する毎日を送っています。 特に、息子には感謝しても感謝しきれません。

息子の部屋にはがんに関する本が山のようにあり、天仙液以外にもいろんな治療法を紹介してくれました。仕事で忙しいなか、私のために、ここまでやってくれたのかと思うと、われながら自慢の息子を持ったものだと感じます。

もともと私は不精者なので、病気の説明や治療についても妻や息子任せでやってきました。自分のことなのだから自分でやろうと思っても、長年の性格はそう簡単には直りません。しかし、妻と息子の言うことを聞いて、これからも元気に前向きに生きていこうと思っております。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。