がん治療による副作用…

こんな症状や苦しみで悩んでいませんか?

いま、あなた自身、もしくは、あなたの大切な人は、がん治療による副作用で悩んでいませんか?

抗がん剤や放射線治療による副作用…
吐き気、嘔吐、頭痛、疲労感、食欲不振、下痢、便秘、口内炎、味覚障害、脱毛など、副作用で苦しい闘病生活…

そんな、苦しい症状を緩和する方法があるのです。

いま、副作用を緩和するために、医療現場でも漢方薬が注目されています

漢方薬が副作用を緩和する減薬として、
大学病院や医療現場で活用されています。

漢方薬、がん治療に活用
―副作用を和らげる減薬に。高齢者医療にも効果期待

日本経済新聞 2017年4月24日付朝刊記事≫

新聞記事の写真

日本経済新聞 2017年4月24日付朝刊記事≫

天仙液の画像

抗がん漢方薬「天仙液」と治療を併用することで、副作用を緩和し、がんと闘っていきましょう

天仙液は副作用の軽減にも活用される抗がん漢方薬です。
免疫力を高めて、副作用を緩和することができるのです。

天仙液との併用で副作用を緩和してがんを克服した方々の体験を報告

天仙液との併用で副作用を軽減して、がんを克服した方々の体験をご覧ください。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

国立台湾大学医学院と郭文宏医師の写真 ▲郭文宏医師と国立台湾大学医学院

国立台湾大学医学院付属医院で、天仙液による末期乳がん患者を対象とした、ヒト臨床試験を実施。

6か月に及んだ臨床試験の結果、免疫機能や身体機能などの改善、副作用を軽減させる効果などが確認されました。

QOL(生活の質)

血液生化学検査

※試験方法はアメリカFDA基準である二重盲検法
(実施している薬や治療法などの性質を、医師、観察者からも患者からも不明にして行う方法)。
グループの分け方は、くじ引きによるランダム方式
天仙液を服用するグループとプラシーボ(疑似薬)を服用するグループに分けられて、臨床試験が行われました。

天仙液の製造工場の写真

配合、処方されている生薬の多くは、"漢方の宝庫"として世界的に知られる、中国・長白山で採取された良質な薬草でつくられています。
冬虫夏草、人参、霊芝、白花蛇舌草、半枝蓮、莪朮など、抗腫瘍作用が認められている生薬を中心に、20種類以上の生薬を配合、処方し、万全な品質管理のもとに製品化されています。

がん治療の副作用に悩み、苦しまれている方に、役立つ情報をお届けします

天仙液のサンプル付資料無料でお届けします。
実際に、お飲みいただいて、
使用感を実感してみてください。

天仙液1本の画像
無料サンプル付き資料お試しセットのお申込みはこちら

副作用の緩和で治療と併用する場合の天仙液の使用方法について

天仙液1本の写真

抗がん剤や放射線治療の副作用を緩和するために、天仙液を使用されている方は多くいらっしゃいます。
天仙液の標準的な使用方法の場合、1セット(20cc×60本)が1ヵ月分に相当しますが、副作用を緩和された体験者の方によると、次のような使用方法が報告されています。

たとえば、1日に1本を使用された方は1セットを2ヵ月で飲まれ、2日に1本使用された方は、1セットを4か月で飲まれておりました。

なお、体調や病状によっても異なりますので、天仙液を副作用の緩和で使用する場合の使用方法、使用量についての詳細は下記にご相談ください。

フリーダイヤル:0120-519-559 国際癌病康復協会

お電話で相談する