お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗
  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 胃がんを克服した体験者の体験談
  4. 今中一壽さん(兵庫県・78歳)

胃がんからの肝転移再発、苦しい治療より人間らしい生活を優先しました

私は、岡山大学にて胃がんステージ3の診断を受けました。今でも忘れません。2013年6月頃に担当医から宣告された時は、それはもうかなりのショックを受けました。しかも全摘しないといけないと言われました。胃を摘出すれば治るというのならそれもしょうがないと、ほぼ全部の胃を摘出しました。

「予防のために抗がん剤治療をしましょう」と言われましたが、手術の3ヵ月後に私の一番の楽しみであるマラソン大会が控えていましたので、治療はしませんでした。その後は、普段通りの生活をしておりましたが、2016年8月に多発肝転移再発と診断されました。

担当医師からは、「再発しており、がんは全身性の疾患である。残念ながら基本的に治すことは難しいご病状です。根治は困難と考えられます。手術・放射線治療などの局所治療は適応にならないので、全身治療としての抗がん剤治療が標準的な選択肢です。抗がん剤治療をしなければ、がんは本来の速度で悪化するが、副作用はありません。いずれは様々な困った症状が出てきて、命に関わるようなことになると予想できます。一般的に考えて、残された時間は年の単位よりも季節の単位、月の単位で考えるべきだと思う。」との話でした。実質上の余命宣告だと受け取りました。

抗がん剤治療を始めましたが、味覚障害、下痢、倦怠感、後頭部が重いなど様々な副作用があまりに辛かったため、3ヵ月でやめることにしました。こんなつらい思いをして数ヵ月生き延びるのであれば、人間らしい生活を送ることで人生を全うしたいと、また自分の好きなようにして残りの人生を生きると家族に告げました。

その時に、息子が「親父の気持ちもよく分かるが、子供の立場からして、はいそうですかと何もしないという選択肢を取ることはできない。私は中医師だから、最後に私にすべてを任せて欲しい。」といいました。それもそうだ、息子の気持ちにこたえてやるのも子供孝行だなと思い、任せることにしました。

息子から、「中国で一番良いと言われている漢方薬として天仙液というものがあるから、それを一日一本夜に飲むようにしなさい。」といわれたので、さっそく注文して毎日1本ずつ飲むようにしました。1ヵ月に1回は息子に身体の状況を整体で整えてもらうということを繰返ししていたおかげで、11月にあった神戸マラソンを完走することができました。

タイムこそ全くよくなかったのですが、今回完走できたことは今までのマラソンとは一味違い、自分の身体ががんという病気に打ち勝ち続けていることを意味していると確信することができたと思います。

4ヵ月間飲み続けて、2017年12月10日にCTの検査をしてみたところ、がんの大きさは全く変わっていませんでした。今後は3ヵ月に1回の検査で十分とのことでした。余命宣告をされてから今現在は身体の調子が絶好調であることを考えると、私の方針は間違っていなかったのだと改めて感じることができました。

私が、がんという病気を経験することで感じることは、治療というものは信じるか信じないかで大きな差が出るということ。自分で良いものだと思ったら、とことん信じることで状況は必ず好転すると思います。また、極力外に出て太陽を浴びて、身体を動かし、たくさんの人と会話することが大事だと思います。

最後に、来年の神戸マラソンではさらに良いタイムが出せるように目標を置き、天仙液と息子の力を借りて、後悔がない人生を送れるようにしていきたいと思います。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

今中一壽さんの画像

▲今中一壽さん78歳 兵庫県

深山逸男さんの画像