1. トップ
  2. 研究・臨床試験
  3. 厳格な品質管理で万全な安全性

検査機関のSGS、日本食品分析センターによる厳格な品質検査に合格

日本食品分析センターでの「マウスを用いる急性経口毒性試験」

一般財団法人日本食品分析センター多摩研究所において、2013年4月23日から5月30日の試験期間で、天仙液・天仙液Sの「マウスを用いる急性経口毒性試験」が行われました。その試験結果報告書の要約及び結論の概略は次の通りです。

概略

一般財団法人日本食品分析センター多摩研究所において、2013年4月23日から5月30日の試験期間で、天仙液・天仙液Sの「マウスを用いる急性経口毒性試験」が行われました。その試験結果報告書の要約及び結論の概略は次の通りです。

試験期間

2013年04月23日~2013年05月30日

試験実施施設

一般財団法人日本食品分析センター 多摩研究所

①試験目的

検体について、OECD Guidelines for the Testing of Chemicals 420(2001)に準拠し、マウスにおける急性経口毒性を調べる。

②検体

天仙液

③試験液の調整

検体を注射用水で希釈し、100mg/mlの試験液を調整した。

④試験動物

5週齢のICR系雌雄マウスを日本エスエルシー株式会社から購入し、約1週間の予備飼育を行って一般状態に異常のないことを確認した後、試験に使用した。試験動物はポリカーボネート製ケージに各5匹収容し、室温23℃±2℃、照明時間12時間/日に設定した飼育室において飼育した。飼料[マウス、ラット用固形型飼料:ラボMRストック、日本農産工業株式会社]及び飲料水(水道水)は自由摂取させた。

⑤試験方法

検体投与容量として2000mg/kgを投与する試験群及び溶媒対照として注射用水を投与する対照群を設定し、各群につき雌雄それぞれ5匹を用いた。
投与前に約4時間試験動物を絶食させた。体重を測定した後、試験群には試験液、対照群には注射用水をそれぞれ20ml/kgの投与容量で胃ゾンデを用いて強制単回経口投与した。
観察期間は14日間とし、投与日は頻回、翌日から1日1回の観察を行った。投与後7及び14日に体重を測定し、t-検定により有意水準5%で群間の比較を行った。観察期間終了時に動物全てを剖検した。

⑥試験結果

  1. 死亡例
    雌雄ともにいずれの投与群においても、観察期間中に死亡例は認められなかった。
  2. 一般状態
    雌雄ともにいずれの投与群においても、観察期間中に異常は見られなかった。
  3. 体重変化
    投与後7及び14日の体重測定において、雌雄ともに試験群は対照群と比べ体重値に差は見られなかった。
  4. 剖検所見
    観察期間終了時の剖検では、雌雄ともにすべての試験動物に異常は見られなかった。

⑦結論

検体について、マウスを用いる急性経口毒性試験(限度試験)を実施した。
その結果、観察期間中に異常及び死亡例は認められなかった。以上のことから、マウスを用いる単回経口投与において、検体のLD50値は、雌雄ともに2000mg/kgを越えるもとと評価された。

試験依頼先 一般財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成25年5月30日
試験成績書発行番号 第13039491001-01号

※天仙液Sで試験を行い、天仙液と同様の結果が得られました。

試験依頼先 一般財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成25年5月30日
試験成績書発行番号 第13039491002-01号

試験報告書(天仙液)

試験報告書(天仙液S)

世界的に権威のある検査機関の香港SGSによる毒性検査などの品質チェックで合格

天仙液(てんせんえき)は、"薬草の宝庫"として良質な薬草が天然自生することで知られている長白山で採取された薬草(生薬)を中心に使用しています。

その配合生薬は、世界的に権威のある厳格な検査機関の香港SGS(スイスに本部を置く世界最大級の検査及び審査登録機関)によって、毒性検査などの品質チェックがなされており、国際的に最高レベルの品質管理を行っています。その配合生薬を、香港の製薬会社・中日飛達聯合有限公司の最新工場で一つ一つ製品化されています。

このように天仙液は、薬草、配合生薬から検査、品質管理、製品化まで、国際基準のもとに香港の製造会社で厳重な安全体制のもとにつくられ、抗がん漢方薬の医薬品、漢方サプリメントとして、世界各国で広く知られています。

SGSの証明書