1. トップ
  2. 研究・臨床試験
  3. 日本の試験機関での試験結果

日本の試験機関・新薬開発研究所での抗腫瘍作用の試験結果

日本の試験機関・新薬開発研究所(現・新薬リサーチセンター)での天仙液の抗腫瘍試験

医薬品の検査機関として権威のある新薬開発研究所(現・新薬リサーチセンター)において、マウスによる天仙液の抗腫瘍作用に関する試験が行われました。
以下はその試験最終報告の一部抜粋です。(無断転載禁止)

※この試験は、中日飛達聯合有限公司が全世界に供給する天仙液を検体として使用したものです。

①試験機関

新薬開発研究所(現・新薬リサーチセンター)

② 試験表題

  • 「天仙液の抗腫瘍効果に関する試験1」
  • 「天仙液の抗腫瘍効果に関する試験2」

③試験方法

マウス(各8匹)に腫瘍を移植後、14日間、下記の方法で経口投与し、投与終了翌日、腫瘍を摘出し、その重量を測定。

  1. 対照群:水(注射用水)
  2. 投与群:天仙液
  3. 投与群:天仙液S

新薬開発研究所(現・新薬リサーチセンター)

最終報告書

試験結果(腫瘍湿重量の平均値を比較)

天仙液を投与

天仙液を投与した場合の腫瘍湿潤量の平均値の表

天仙液Sを投与

天仙液Sを投与した場合の腫瘍湿潤量の平均値の表

※腫瘍湿潤量(mg):水分を含んだ状態の重量

↓

上記をグラフ化(腫瘍湿重量の平均値を比較したグラフ)

天仙液を投与

天仙液を投与した場合と、水を投与した場合との腫瘍湿潤量の比較のグラフ

天仙液Sを投与

天仙液Sを投与した場合と、水を投与した場合との腫瘍湿潤量の比較のグラフ

※投与量は、分かりやすいように試験機関の了承を得て通常の〔ml/kg/day〕を〔ml/匹/day〕で表記しています。

試験結果概要

対照群である水(注射用水)を与えていたマウスと比較(各8匹の平均値)して、投与群の天仙液で最大値では89.4%(平均62%)、天仙液Sで最大値では94.1%(平均84%)という腫瘍抑制率を示し、高い抗がん効果が実証された。 また、対照(注射用水)投与マウスと天仙液・天仙液S投与マウスの体重がほぼ同様に推移(体重増加)したことから、一般に抗悪性腫瘍薬にみられる副作用はなかったと推測される。

天仙液は摂取量によってさらに抗がん効果が高まることを立証

新薬開発研究所(現在:新薬リサーチセンター)において天仙液の抗がん作用の臨床試験が行われました。試験は、がん腫瘍をもつラットに、対照群には「注射用水」を投与、投与群には天仙液を濃度別に投与し、がん腫瘍の対比と、その結果を観察したものです。

その結果は、上記の比較写真通りです。また、がん腫瘍の湿重量に関する天仙液の濃度別試験結果は、図表通りで、「天仙液は使用量に依存して抗がん効果を有することが確認された」との報告がなされています。