1. トップ
  2. がんについての知識
  3. がん治療における放射線治療のメリット・デメリット

【がん治療】放射線治療のメリット・デメリット

放射線治療のメリット

臓器の機能をそのまま温存できる

放射線治療はがん病巣に放射線を照射することで、がん細胞を攻撃・死滅させる治療法です。手術のように開腹をする必要がなく、また臓器を切除する必要もありません。そのため患者の負担が軽いだけでなく、身体や臓器の機能を損なうことがないのです。また、複雑な形のがん病巣や、手術の出来ない場所にできてしまったがん病巣を治療することも可能です。放射線治療の精度は年々向上していると言われています。必要な箇所に最適な線量の放射線を照射することで、確実かつ安全な治療が可能なだけでなく、患者の負担も軽減されるのです。

通院での治療が可能

がん治療は長期に渡る場合が多く、仕事を辞めたり、長期休養を取得せざるを得ない状況になることも多々あります。しかし、放射線治療は基本的に通院での治療が可能です。そのため仕事を続けながら無理なく治療を受けることができます。放射線治療は少量の放射線を1~2ヶ月、基本的に毎日照射します。患者はただベッドに横たわるだけですし、一回の治療にかかる時間も通常、数十分程度で済みます。病巣に確実に放射線を照射するために、身体が動かないように固定しますが、放射線の照射自体は痛みなどの苦痛は一切無く、ただ寝ているうちに治療は終了します。このように患者の負担が軽い治療法ですので、体力の低い高齢者でも安心して受けられる治療だと言われています。

放射線治療のデメリット

一つの部位に照射できる放射線量には上限がある

がん治療において有効性の高い放射線治療ですが、やはり高い線量を浴びると人体に悪影響を及ぼすことになります。そのため人が生涯において照射可能な線量が部位ごとに定められています。ただし、線量の上限を超えなければ問題がないというわけではありません。放射線に対する感受性は人によって異なるため医師による見極めが重要となってきます。こういった事情から、がんが再発した場合などに再び同じ部位に放射線治療を行うことは難しいと言われています。たとえ治療から数十年経ったとしても、浴びた線量がリセットされることは無く、上限に達した部位に放射線治療を施すことは出来ません。つまり、一つのがんに対し、放射線治療は一回限り可能な治療ということです。

副作用の可能性 ~急性副作用~

放射線治療は副作用を伴う場合があります。代表的な症状としては、めまいや吐き気、倦怠感といったものが挙げられます。また、放射線を照射するにあたっては、がん細胞だけでなく健康な細胞もある程度は攻撃してしまうため、皮膚が火傷のような赤味を帯びた状態になることもあります。しかし、一般的に抗がん剤の副作用と比較すると軽度であり限定的だと言われています。また、こういった症状は放射線治療の初期段階に起こりやすいもので、急性副作用と呼ばれています。急性副作用は治療の回数を重ねるごとに軽減していくと言われています。当然、治療を終えればこれらの症状は完全に消失します。人によっては副作用が強く出る場合もありますが、症状を抑える薬を飲むことでほとんどの場合は改善します。

副作用の可能性 ~晩期副作用~

晩期副作用とは、放射線治療が終わって数か月から数年経過してから起こる副作用です。急性副作用は放射線治療を受けた人ほとんどに起こるのに対し、晩期副作用は5~10%程度の人に起こると言われています。主な症状としては、肺炎や腸閉塞、胃潰瘍などが挙げられます。放射線医療を行った場合は、これらの症状が起こらないかを長期間に渡りチェックし続ける必要があると言えるでしょう。また、わずかでも兆候が見られた場合はすぐに放射線治療を実施した医療機関を受診する必要があります。

照射する範囲が広いと白血球が減る

放射線を照射する範囲が広い場合、血液中の白血球が減少することがあります。白血球は人体の免疫機能を司るもので、これが減少すると疲労が蓄積しやすくなったり、免疫力の低下を招いたりすることになります。免疫力が低下すると感染症などにかかりやすくなってしまい、がん治療に影響を及ぼす可能性があります。そのため、放射線治療中は定期的な血液検査が欠かせません。白血球の減少を抑える薬もありますので、場合によってはそういった薬を服用しながらの治療となります。

放射線医と治療が可能な医療機関の不足

日本は欧米諸国と比較すると、放射線治療を専門的に行う放射線医が慢性的に不足していると言われています。それに加え、放射線治療を実施できる医療機関自体が少ないというのが現状です。こういった状況から、すぐにでも放射線治療を開始したいと望む患者が速やかに治療を受けられないという場合が多々あるようです。治療を待つ間、がんの進行などの不安にさいなまれる患者を減らすためにも、専門医と医療機関の増加が今後の課題と言えるでしょう。

監修:孫 苓献
広州中医薬大学中医学(漢方医学)博士・アメリカ自然医学会(ANMA)自然医学医師・台湾大学萬華医院統合医療センター顧問医師

その他の治療法のメリット・デメリット

手術のメリット・デメリット

抗がん剤治療のメリット・デメリット

免疫療法のメリット・デメリット

代替療法のメリット・デメリット

天仙液について

抗がん漢方・天仙液とは

当サイトは、抗がん漢方・天仙液の情報サイトです。抗がん漢方・天仙液についての、製品紹介、研究・臨床試験の結果や、各国から寄せられた抗がん漢方・天仙液の体験者の声、メディア情報等、抗がん漢方・天仙液に関する豊富な情報を掲載しています。

TOP▲