1. トップ
  2. がんについての知識
  3. がん治療における代替療法のメリット・デメリット

【がん治療】代替療法のメリット・デメリット

代替療法のメリット

三大療法の補完的な治療法

代替療法とは、がんの三大療法などの西洋医学ではない民間療法や自然療法を指します。代替療法はがん細胞の増殖を抑えたり、身体の免疫機能を向上させたりすることによって、がん進行を遅らせたり、患者の苦痛を軽減することを目的としています。代替療法は基本的に単独で行うものではなく、がんの三大療法の補完的な治療法として用いるのが一般的です。三大療法は副作用の発現や患者の負担が大きいことがネックとなるのですが、代替療法は副作用などの心配はほとんどありません。医師の判断のもと正しく実施すれば、がん治療において良い影響をもたらす可能性が高いと言えるでしょう。

患者の精神面においてプラスに作用することがある

がんの治療は苦しく長期に渡る場合が多いため、患者の精神面にも悪影響を及ぼすことが多々あります。特に三大療法での治療が難しい状況にあるがん患者は希望を失ってしまいがちです。がんに限らず、どのような病気でも治療において患者が希望を失ってしまうということは好ましくありません。代替療法は体力が低下している人や高齢者でも安心して取り組める治療法です。手の施しようがないと思っていたがん患者が代替療法の存在を知り、希望を持って前向きな気持ちを取り戻すことが出来たという事例は数多くあるのです。

代替療法のデメリット

代替療法のみに頼るのは危険

身体への負担が軽く、安価で手軽に始められるものが多いのは代替療法の魅力ですが、代替療法だけでがんを治そうと考えるのは危険です。手術の身体的な負担や、抗がん剤の副作用などのデメリットから三大療法を拒否する人も少なからずいるようですが、代替療法は基本的にがんそのものを治す治療法ではありません。免疫力を高めたり、がんの進行を食い止めたりする治療です。中には代替療法だけでがんが完治したという人もいるようですが、あくまで三大療法の補完的な位置づけで考えるべきだと言えるでしょう。ただ、病状によっては三大療法のいずれも実施することができず、代替療法のみに頼るしかないという場合があるのも事実です。

代替療法について専門的に取り組む政府機関が無い

日本は欧米諸国と比較すると代替療法の分野では立ち遅れていると言わざるを得ません。アメリカには、米国国立衛生研究所という代替療法を科学的に研究する機関が存在しますが、日本にはそのような代替療法を専門的に取り扱う政府機関が存在しません。インターネットの普及によって誰でも簡単に代替療法についての情報を得ることが出来ますが、全てが正しいという保証はありません。場合によっては何の根拠もない誤った情報をインプットしてしまう可能性さえあるのです。こういった状況を背景に近年では、厚生労働省のウェブサイト上でサプリメントや健康食品の安全性や有効性についての掲載がありますので事前にしっかりとチェックする必要があると言えるでしょう。

治療に対する効果が不透明

代替療法には、健康食品やサプリメント、マッサージ、瞑想など様々なものがありますが、科学的にがんの治療効果が認められているものはありません。治療の有効性を証明する臨床データが存在しないというのが現状です。そのため代替療法の効果は不透明であると言わざるを得ません。しかし、代替療法を推奨する医師が多く存在するのも事実ですし、患者の不安やストレスを取り除いたり、痛みを軽減したりするのには一定の効果があるということは認められています。これらの点からも、がん治療に際し選択肢の一つとして検討する価値は十分にあると言えるでしょう。

サプリメントや健康食品の中には抗がん剤の働きを抑制するものがある

代替療法として用いられるサプリメントや健康食品の中には、抗がん剤の効果を抑えてしまうものが存在します。しかし、抗がん剤の使用に伴う副作用を軽減するサプリメントや健康食品もあるため、一概にこれらが良くないとは言えない面もあります。いずれにしても抗がん剤による治療中にサプリメントや健康食品を試す場合は十分に注意をする必要があります。自己判断するのではなく、担当医に相談をして了承を得るべきでしょう。

中には悪質なものもある

代替療法で用いられる健康食品やサプリメントには効果が期待できるものも多い反面、中には悪質なものも存在するのが現実です。過去に、末期がんに効果があるとして健康食品を販売していた業者が、薬事法違反の容疑で逮捕されたという事件もあります。その健康食品は実際には効果が期待できないばかりか、患者の体験談もすべてねつ造されたものだったのです。病状が少しでも良くなればと願う患者の藁にもすがるような思いに付け込む悪質業者は後を絶ちません。健康食品やサプリメントの摂取にあたっては、信頼できる医師や薬剤師に相談をするなどする必要があると言えるでしょう。

監修:孫 苓献
広州中医薬大学中医学(漢方医学)博士・アメリカ自然医学会(ANMA)自然医学医師・台湾大学萬華医院統合医療センター顧問医師

その他の治療法のメリット・デメリット

手術のメリット・デメリット

抗がん剤治療のメリット・デメリット

放射線治療のメリット・デメリット

免疫療法のメリット・デメリット

天仙液について

抗がん漢方・天仙液とは

当サイトは、抗がん漢方・天仙液の情報サイトです。抗がん漢方・天仙液についての、製品紹介、研究・臨床試験の結果や、各国から寄せられた抗がん漢方・天仙液の体験者の声、メディア情報等、抗がん漢方・天仙液に関する豊富な情報を掲載しています。

TOP▲