1. トップ
  2. がんについての知識
  3. がん治療における免疫療法のメリット・デメリット

【がん治療】免疫療法のメリット・デメリット

免疫療法のメリット

他の治療との併用が可能

がんの主な治療法としては長年、三大療法が柱となってきましたが、近年注目されているのが、がん免疫療法です。がん免疫療法は人間が生まれながらに備えている免疫力を高めることによってがんの治療を行うものです。がんの治療を行うにあたって免疫力を高めることは大きな課題の一つとも言われています。免疫療法のメリットとして挙げられるのが、三大療法との併用が可能という点です。手術を受けた後で体力が低下している人や、放射線治療や抗がん剤投与の影響で副作用に苦しんでいる人でも安心して受けることが出来る治療法なのです。また、三大療法はいずれも身体の免疫力を下げてしまう治療法である点からも、免疫療法との併用はメリットがあると言えるでしょう。

免疫力を向上させる意義

がんの治療中の人でも、既にがんを完治させた人でも、体内では常にがん細胞が生成されています。つまり、免疫機能を向上させてがん細胞を駆除することは、確実な治療や再発防止の観点では重要となってきます。免疫療法によって自己の免疫力があがると、がん細胞が効率的に駆除されますが、健康な細胞に悪影響を及ぼすことがありません。がん細胞だけを攻撃するため身体に負担がかからない優しい治療だと言えるでしょう。また、免疫療法は初期のがんから進行がんまで幅広く適応するという点もメリットして挙げられます。

副作用の心配がない

がんの治療に際し誰もが不安になるのが副作用の有無でしょう。がん免疫療法は自己の免疫力を高めてがん細胞を駆除する治療法であるため、抗がん剤や放射線治療のような副作用に苦しむことはありません。まれに副作用が見られる人もいるようですが、抗がん剤や放射線治療に比べると軽度で一時的なものだと言われています。そのため、体力が低下している人や高齢者でも安心して受けられる治療法なのです。また、治療に際しては入院の必要がなく、これまでの生活スタイルを崩すことなく受けられる治療ということも大きなメリットだと言えるでしょう。

緩和治療としての側面

がん免疫療法は、がん病巣を手術で完全に切除しきれなかった場合や、そもそも手術が出来ない場合、抗がん剤治療の副作用で身体が弱っている場合などの緩和治療として利用されることもあります。がん細胞の増殖を抑制することでがんの進行を食い止めることが出来ますし、抗がん剤の副作用を軽減することが出来るからです。がん免疫療法を用いて、末期がん患者の延命を施すこともあります。また、免疫細胞には鎮痛効果のあるホルモンを分泌する働きがあるため、がんによる痛みを軽減することも可能なのです。

免疫療法のデメリット

保険適用外のため全額自己負担となる

がん免疫療法は保険適用外の治療です。そのため医療費は全額自己負担となります。また、保険外診療については各病院が自由に料金を設定することが出来るため、病院によって費用はまちまちですし、思いがけない高額な費用設定となっている場合もあります。治療費の目安としては一般的に、120万円~240万円と言われています。がん免疫療法を受ける前に費用面については納得いくまで説明を受けるべきでしょう。またがん保険や医療保険に加入している場合は、がん免疫療法が保険の適用となるか調べておくことも忘れてはいけません。ただ、免疫療法が保険適用外とは言っても、医療費控除の対象となりますので、医療費を払った翌年に確定申告をすることで、税金が還付または軽減されます。

種類や方法が多岐に渡っている

免疫療法と一口に言っても、その治療法は実に多岐に渡っています。高濃度ビタミンCやαリポ酸を点滴で体内に取り込む方法や、自身のリンパ球を体外に取り出し増殖させて再び体内に戻すという方法もあります。また、食養生や気功、サプリメント、漢方など非常に多くの方法があり、何が自分に最も合った方法なのかを見つけ出すことは困難だと言えるでしょう。がん免疫療法を専門的に行っている病院も多数ありますので、まずはカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

科学的根拠に欠ける治療法

免疫療法はまだ研究の途上にあり、科学的根拠に欠けるとする意見もありますし、三大療法ほどの高い効果はあまり期待出来ないといった見解も多く見受けられます。現状では、あくまで三大療法と併用することで治療効果をあげるものだという位置づけが多数を占めているようです。とは言え、免疫療法でがんが完治したという人も存在しますし、免疫システムの研究は日進月歩の世界です。今後さらに研究が進み、がん治療の大きな柱となる日がやがて来るのかもしれません。特に、「活性化自己リンパ球移入療法」や「樹状細胞ワクチン療法」などは先進医療に指定されていることもあり、今後が期待されます。

監修:孫 苓献
広州中医薬大学中医学(漢方医学)博士・アメリカ自然医学会(ANMA)自然医学医師・台湾大学萬華医院統合医療センター顧問医師

その他の治療法のメリット・デメリット

手術のメリット・デメリット

抗がん剤治療のメリット・デメリット

放射線治療のメリット・デメリット

代替療法のメリット・デメリット

天仙液について

抗がん漢方・天仙液とは

当サイトは、抗がん漢方・天仙液の情報サイトです。抗がん漢方・天仙液についての、製品紹介、研究・臨床試験の結果や、各国から寄せられた抗がん漢方・天仙液の体験者の声、メディア情報等、抗がん漢方・天仙液に関する豊富な情報を掲載しています。

TOP▲