1. トップ
  2. がんについての知識
  3. 咽頭がんの抗がん剤治療と副作用

咽頭がんの抗がん剤治療と副作用について

咽頭がんに対する抗がん剤治療の目的

咽頭がんは文字通り、喉の咽頭と呼ばれる部位(頭頸部)に発生するがんです。
そのため、咽頭がんは頭頸部がんという枠に含まれます。頭頸部がんに分類されるのは、咽頭がん・喉頭がん・口腔がん・舌がんなどです。

咽頭がんの標準治療は放射線と抗がん剤による化学療法です。
手術による外科治療も用いられますが、発声機能に悪影響を与えない場合に限られます。あるいはがんの進行・転移などにより、やむなく発声機能を失うリスクも含めて摘出する場合です。

咽頭は声帯に影響する器官なので、発声機能温存のためにも外科手術による全摘出は避けて行われるのが一般的です。

以上の理由から、咽頭がんは放射線単体での治療や、抗がん剤治療と併用して行われることが多くなります。

放射線と抗がん剤の併用で根治を目的とする場合もあれば、手術で咽頭がんを切除した後の補助治療を目的として活用されるケースも少なくありません。

咽頭がんに対する主な抗がん剤治療法は以下の通りです。

  • 導入化学療法
    手術や放射線治療の術前に、抗がん剤を投与する治療法です。
    事前に抗がん剤を投与しない場合と比べて、予後の経過が良くなると言われています。
  • 放射線同時併用療法
    放射線と抗がん剤を併用して行う治療法です。
    プラチナ製剤を軸に行われますが、最近は副作用が比較的少ない分子標的薬が用いられることもあります。
  • 補助化学療法
    手術・放射線での治療後に抗がん剤を投与する補助的な治療法です。
    目に見えない細胞レベルのがんによる再発や転移を防ぐ目的で行われます。
  • 緩和的抗がん剤治療
    がんに伴って生じる痛みや苦痛の緩和、延命などQOL(生活の質)の改善を軸に使用されます。

咽頭がんに使用される抗がん剤の種類

咽頭がん治療に使用される抗がん剤は下記の4種類が基本です。

  • シスプラチン
  • フルオロウラシル
  • ドセタキセル
  • カルボプラチン

以上の4種類のうち、特にフルオロウラシル+シスプラチン+ドセタキセルの3剤を組み合わせて使用します。この治療法をDCF療法と呼び、咽頭がんに対する標準的な抗がん剤による治療法です。

ただ、シスプラチンは抗がん剤の中でも副作用が強力なことで有名なプラチナ製剤なので、患者によっては代替薬としてカルボプラチンが使用されます。どの薬剤を使って治療するかは患者や医師のやり方それぞれです。

その他、上記のDCF療法と並行して、放射線療法やレーザー療法などが行われます。これは抗がん剤のみで咽頭がんを根治させるのは困難なためです。

これらの方法を駆使してなお、がんが残ってしまった場合は、手術による摘出が選択肢に入ってきます。しかし、放射線治療後に手術をすると、傷の回復が遅れ感染症などの合併症を引き起こすリスクが高くなるので、注意が必要です。

咽頭がんの抗がん剤治療による副作用

咽頭がんに抗がん剤(化学療法)を取り入れた場合、さまざまな副作用を伴います。

基本となる副作用は使用される抗がん剤や治療法に付随するので、咽頭がんで生じる薬剤別の副作用は以下の通りです。

  • シスプラチン
    幅広いがんに対して強力な腫瘍縮小効果が期待できるのですが、同程度の副作用を生じるのが特徴です。吐き気や嘔吐感、食欲不振、下痢など基本的な症状から、重篤になると重い骨髄抑制や腎臓の機能障害などを引き起こします。
    これらの作用がある関係上、最初から腎機能が低下していたり、問題がある患者には使用できません。そのような患者に対しては、代替薬としてカルボプラチンが使用されます。
  • カルボプラチン
    シスプラチンの副作用を軽減することを意識して開発された抗がん剤です。
    基本的な効能はシスプラチンと同じでありながら、腎機能障害などの副作用が大きく軽減されています。
    ただし、絶対に副作用を発症しないわけではなく、カルボプラチン自体は骨髄抑制などを引き起こす確率が高くなっているので注意しましょう。
  • フルオロウラシル
    シスプラチンやカルボプラチンとフルオロウラシルの組み合わせは、あらゆるがんの標準化学療法として知られています。手術ができないがんや、全身に転移しているがんなどに対して有効です。
    一方、下痢や腸炎など消化器官に重篤な副作用を及ぼすことがあります。
    本当に中止しなくてはならないのは、これら自体の症状よりもそれに伴う重度の脱水症状です。
  • ドセタキセル
    がん細胞の分裂を抑制する抗がん剤です。
    乳がんや卵巣がんなどに秀でて効果的だといわれています。
    ドセタキセルに伴う代表的な副作用は浮腫みです。
    重篤な症状になると肺水腫などにまで至ることがあるため、体質との相性を医師と相談してチェックしておく必要があります。

咽頭がんは第一に放射線と抗がん剤による根治を目指すため、相応に副作用との付き合いも長くなる傾向があります。
発声機能や食事機能などを温存するためには必要なことですが、どのような方針で治療していくかは患者と医師で相談して決めていかなくてはなりません。

監修:孫 苓献
広州中医薬大学中医学(漢方医学)博士・アメリカ自然医学会(ANMA)自然医学医師・台湾大学萬華医院統合医療センター顧問医師

関連ページ

咽頭がんの種別・原因・特徴について

咽頭がんの末期(ステージ4)症状・生存率・治療方法

天仙液について

抗がん漢方・天仙液とは

天仙液を使用して咽頭がんを克服した方々の体験談

当サイトは、抗がん漢方・天仙液の情報サイトです。抗がん漢方・天仙液についての、製品紹介、研究・臨床試験の結果や、各国から寄せられた抗がん漢方・天仙液の体験者の声、メディア情報等、抗がん漢方・天仙液に関する豊富な情報を掲載しています。

TOP▲